妊娠中に出来やすい大人ニキビはセラミド化粧品で予防しようの情報ページ

妊娠中に出来やすい大人ニキビはセラミド化粧品で予防

妊娠中に出来やすい大人ニキビ

妊娠中にシミができやすいですが、ホルモンのバランスに大きな変化があるので、ニキビも出来やすいと言われています。

 

大人ニキビなので思春期の頃にできるニキビと少し性質が異なります。

 

妊娠をすると、エストロゲンやプロゲステロンという女性ホルモンの分泌量が増えるのですが、プロゲステロンには皮脂腺を刺激するという作用があります。

 

皮脂腺は刺激を受けると、外部からダメージを与えられる危機感によって、肌を守る皮脂の分泌を促進するため、皮脂が過剰に分泌されるので妊娠中は大人ニキビが出来やすくなるのです。

 

ですが、プロゲステロンの分泌量が増加するのは、妊娠初期から中期までの一時期だけなので、この時期に出来たニキビはプロゲステロンの減少とともに自然に改善されます。

妊娠中に出来やすい大人ニキビはセラミド化粧品で予防しよう 記事一覧

妊娠中に出来やすい大人ニキビはセラミド化粧品で予防しよう 先頭へ戻る