睡眠と肌の関係の情報ページ

睡眠と肌の関係は?

睡眠と肌の関係は?

美肌を保つために必要なのは、何も高い化粧品だけではありません。

 

どんなに高級な美容成分を補っても、良質な睡眠をとっていなければ美しい肌を保つ事はできません。

 

睡眠不足が続いて肌が荒れてしまったという経験を持っている人は珍しくありません。

 

美肌のためには睡眠はとても重要なのです。

 

人の眠りにはレム睡眠とノンレム睡眠があります。夜眠っている間、これを交互に繰り返しているのです。

 

レム睡眠が浅い眠り、ノンレム睡眠が深い眠りで、深い眠りのノンレム睡眠に私たちの体は休息します。

 

1時間から1時間半ほどノンレム睡眠が続くと、10分から15分程のレム睡眠が訪れ、それを繰り返ながら朝を迎えることになります。

 

夢を見るのは浅い眠りのレム睡眠で、深い眠りのノンレム睡眠の時に肌にとって重要な成長ホルモンが分泌されます。

 

肌のゴールデンタイムは夜10時から翌2時までと言われているのをご存知でしょうか。

 

この4時間の間に眠っている事でノンレム睡眠時に成長ホルモンが分泌され、肌のダメージを回復したり、コラーゲンやエラスチンが作られていたり、肌のターンオーバーが行われています。

 

このような事から、美肌には睡眠が必要なのです。

睡眠と肌の関係 記事一覧

睡眠と肌の関係 先頭へ戻る