隠れ乾燥肌のケア方法や特徴は?の情報ページ

隠れ乾燥肌のケア方法や特徴

隠れ乾燥肌のケア方法

オイリー肌だと思っていたら、実は隠れ乾燥肌だったという人は実に多くいます。

 

皮脂が多くすぐにテカってしまう事から、オイリー肌だと勘違いして間違ったケアを続けてしまい、肌の乾燥が進んでしまう事も少なくありません。

 

隠れ乾燥肌の特徴にはどんなものがあるのでしょうか。

 

まず、オイリー肌は洗顔後5分から10分放置した後で、顔全体がしっとりして脂っぽいと感じる状態ですが、隠れ乾燥肌はツッパリ感がありながら少し脂っぽさも感じる、または、カサカサ感のある部分と油っぽい部分がある状態の肌です。

 

では隠れ乾燥肌の場合、どの様なケアをしていけば良いのでしょうか。

 

大切なのは肌の乾燥対策をする事です。まずは優しく洗顔する事で、洗顔時はゴシゴシこするのではなく、たっぷりの泡で優しく洗う事が大切です。洗顔のポイントは手早く洗う事と、泡残しのないようにしっかりすすぐ事です。

 

そして重要なのが、洗顔後は速やかに化粧水で水分補給をする事です。たっぷりの化粧水を手に取って、ハンドプレスをするように肌に水分を与えましょう。

 

化粧水が肌にしっかり浸透したら、2度3度と重ね付けするのがおすすめです。使う化粧水はエタノールが入っているさっぱりタイプではなく、しっとりタイプを選ぶと良いでしょう。

隠れ乾燥肌のケア方法や特徴は? 記事一覧

隠れ乾燥肌のケア方法や特徴は? 先頭へ戻る