動物性タンパク質のデメリットは?の情報ページ

動物性タンパク質のデメリット

動物性タンパク質

動物性タンパク質のデメリットは腸内で悪玉菌が増えやすいのでおならなどが臭くなりやすいというのがあります。

 

植物性たんぱく質は、サポニンやセロトニンなどの前駆体としての働きがある成分も配合されているし、血液がサラサラになるというのもあるので、動物性タンパク質を補いながら植物性タンパク質をしっかり食べていくということが大切になってきます。

 

また、たんぱく質は体の中で消化されて栄養吸収されますが、その際はアミノ酸まで分解されてから体で再合成されてまたタンパク質になるという面倒な過程をしていますが、タンパク質に再合成するときに必要な栄養素は亜鉛です。

 

ですので亜鉛が足りない方は亜鉛をしっかり取ることをおすすめします。

 

抜け毛に対する食事というのはサプリメントと似ていて大豆製品やカプサイシンで毛穴を広げたり代謝を良くしたりすることや神経伝達物質でもあるマグネシウム、亜鉛など含んでいることが多いです。

 

ですので一般的な食事に置き換えると亜鉛が豊富なカキなどを食べながら白米より玄米を主食として大豆製品を食べると良い感じです。

 

大豆製品には豆乳や納豆など比較的製品も多いです。カキなどもそうですが、動物性のレバーなども食べていくとよいでしょう。

動物性タンパク質のデメリットは? 記事一覧

動物性タンパク質のデメリットは? 先頭へ戻る