フェイスラインのたるみ理由の情報ページ

加齢が原因のフェイスラインのたるみ

加齢が原因

肌のたるみは老け顔の原因です。

 

たるみは目の下の涙袋や頬、小鼻の横から口角にかけてのほうれい線、あご、首などに出やすく目立ってしまうため、実際の年齢よりも老けて見られてしまいます。

 

特にフェイスラインがたるんでくると顔全体がぼんやりした印象となり、最悪二重あごになってしまう事になります。

 

このようなフェイスラインのたるみの理由は一体なんでしょうか。

 

フェイスラインのたるみは加齢が原因です。

 

年齢を重ねていくごとに次第にたるんでいきます。

 

人の顔には実にたくさんの種類の筋肉がありますが、その筋肉を支えているのがコラーゲンです。

 

しかし、コラーゲンは加齢と共に少しずつ減少していくのです。

 

そのため少しずつ肌のハリが失われていき、表情筋を支える事ができなくなり、フェイスラインがたるんでしまうのです。

 

また、25歳を過ぎた頃から表情筋が衰え始めるといいます。

 

表情筋が衰えることで皮下脂肪を支える力が低下し、肌はどんどんたるんでいき顎の周りにたるみが出やすくなります。

 

日頃から表情が乏しい人は、表情筋の衰えも早くなりますから、特に注意が必要です。

 

表情筋を鍛えるエクササイズなどを行うと良いでしょう。

フェイスラインのたるみ理由 記事一覧

フェイスラインのたるみ理由 先頭へ戻る