内臓下垂と産後の関係の情報ページ

内臓下垂と産後の関係はどうなの?

内臓下垂と産後の関係

内臓下垂は産後に多いと言われています。

 

それは出産の際に産道が開く事で骨盤も開きやすいのだそうです。すると閉じる方向に力が行きにくくなるので開いたまま固まってしまう事も多いそうなんですね。

 

でも産後すぐにだと骨盤が動かしやすい状態なのでキレイになれる可能性って高いと言われています。

 

じゃ〜固まってしまったら??ゴメンナサイというしかないでしょう。また開いてしまうと内臓の受け皿としての役割がある骨盤ですが、ポコッと下に内臓の位置が変わりやすいんですね。

 

下垂とも言われていますが、下の方の内臓が窮屈になってしまう事が多いんだそうです。下から持ちあげる力があがりそうなエクササイズをすると効果的なんですが、骨盤底筋群を動かしてあげると良いと言われています。肛門付近に玉ねぎの様に形をしていますが、括約筋も含まれます。

 

お尻の穴に力を入れるようにすると働いてくれるしエクササイズになるので行ってみると良いかもしれません。

 

ゆがみが解消出来ると勝手に持ち上がるのかというとそうではない場合も多いらしいです。そうすることで太ももやお尻の筋肉も働きやすくなるそうなので行ってみると良いかもしれないです。

 

5分程度でもできるし、どこでもできるエクササイズなので内臓下垂を解消目的と産後太り解消目的の両方が行えるので時間を節約しながら行うと良いかもしれないですね。またウォーキングの際は歩き方を気にしたりするかもしれないですが、お尻の穴に力を入れながら行うとスッと立ちあがっている意識が身につくかもしれません。

内臓下垂と産後の関係 記事一覧

内臓下垂と産後の関係 先頭へ戻る