不飽和脂肪酸で血液サラサラの情報ページ

不飽和脂肪酸は血液をサラサラする?

血液サラサラ

不飽和脂肪酸は血液がサラサラすると言われていますが、魚の脂肪に多く含まれています。

 

そして植物性の中でもオレイン酸やオリーブオイルなどに含まれていますが、調味料として使用する際にも液体なのでそれよりも温度が高い体温でも液体なので血管を詰まらせたりすることなく液体でいるためコレステロール値を高めにないという意味で非常に健康的とも言われています。

 

イタリア料理では植物性オイルを多く使用するため太っている人はそれほど多くないと言われています。フランス料理ではフォアグラとか油がのっている食材を多く使用します。

 

フォアグラでもそうですが、脂がぎっしりしていますが、固形化しているという点があるので体内で脂肪として蓄積されやすいので、太りやすいと言われていますし、高脂血症などにつながりやすいです。

 

適切にDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸を取りながら固体化されて蓄積されている脂肪を燃焼するために運動をしっかり行っていくというのが効果的となってくるでしょう。

 

フランス料理やイタリア料理で脂肪というのはよく使用しますが、固形化と液体化で結構違ってくるというのが参考になると思います。

不飽和脂肪酸で血液サラサラ 記事一覧

不飽和脂肪酸で血液サラサラ 先頭へ戻る